1. TOP
  2. ウェブ解析
  3. ホームページの集客情報を解析する11のウェブテクニックはコレ!

ホームページの集客情報を解析する11のウェブテクニックはコレ!

 2018/05/13 ウェブ解析 コンテンツSEO 基礎知識
この記事は約 9 分で読めます。
ホームページ解析のポイント

苦労して作成したネットショップもなかなか売り上げが上がらないと嘆いているのではないですか?

自店のサイトにどれだけの方が訪れたのか?また、検索先は何処からなのか?

どんな”キーワード”検索で自店を見つけたのか?どんな年齢で性別は?など・・・。

定期的に分析して対策を行かないと、GoogleやYahooの検索ロボットに上位表示してもらえない状況をまねきます。

上位検索されるために必要な要件は、一般的に約20個位あるといわれています。

全てに対策をとるのは不可能ですが、上位表示するには、20個のうち最低でも5個程度の対策が必要です。

よって、ここより「ウェブ解析の重要ポイント?」として詳しく説明します。

このポイントをおさえておくことで、アフィリエイトを事業としている方にも、頑張り次第では”夢”を実現できます。

Sponsored links

ホームページのウェブ解析で重要ポイント!

記事解析のポイント

では、売り上げ向上に繋がるウェブ解析の重要ポイントを説明します。

以下に記載する内容は、検索順位を決定する際に使用されている20個のうち11のロジックです。

これは重要な部分ですので”しっかり”お読みください。

①コンテンツSEOという考え方

この「コンテンツSEO」という考え方は、サイト作成や記事書きで一番、基本となる部分だと私は考えています。

なぜなら、運営するサイトや記事情報は、誰のための情報なのか。

また、検索キーワードで悩みや解決策を探している人に対して検索を終わらせる、ことができる情報サイトをグーグル(google)が、高評価するため「コンテンツSEO」対策が必要となっている。

検索を終わらせるとは・・・あなたのサイトからフェードアウトし、他のサイトへ問題解決を求めて、移動する行為のことをいいます。

よって、ユーザーは、何かを求めて検索するのか、この部分を深く理解し、発信する情報の質をあげることが、「コンテンツSEO」という考え方の基本です。

②キーワード選定

検索エンジンに認識され易いキーワードを使うことが重要ですが、余りにも検索件数の多いキーワードは避けて、複合キーワードを使う事が必要です。

では、「検索件数の多いキーワード」はどういうものでしょうか?

それは、よく言われる『ビッグキーワード』と言われるものです。例えると美容業界でいう『ダイエット』というキーワードです。

誰もが痩せたい思ったときに、最初に検索窓の打ち込む単語ですよね。

では、この単語だとライバルサイトが多いし、先行者有利の原理や企業も多くこのビッグキーワードを使っているので、非常に激戦区となります。

この激戦区では、努力しても上位表示されるのに時間がかかり、「努力したのに結果がでない!?」と嘆く結果となります。

そこで、おすすめするのが、よりユーザーの要望につかずけ、しかも上位表示されるためのキーワードが「3語キーワード」と言われるものです。

この「3語キーワード」については「SEO対策のキーワード選定はツールとyahoo知恵袋で決めよう!」で詳しく説明していますので、よければご覧ください。

自分が購買者だったらどういうキーワードで検索するか?考えて見るのもプラスです。

Sponsored links

③タイトルタグの重要性

サイトタイトルや記事タイトルは、ユーザーが判断する際にまず目にする部分ですので、ユーザーが何を求めて、どんな悩みをもってキーワード検索しているのか?を想像する必要があります。

また当然、そのユーザーの検索意図となるキーワードを入れたものにする必要があります。

そのキーワードを入れることで、GoogleやYahooの検索ロボットが、このサイトはどんなサイトなのか?ユーザーにとって検索価値のある記事やサイトなのか?を判断して、キーワードによるランキング決定の一つとしているのです。

でも、最大の利点は、ユーザーが検索キーワード入力して、最終的に判断するのが、サイトタイトルの文字内容です。この記事を読めば自分が求めているものが、わかるのか?といったタイトルにする必要があります。

よって、タイトル名で検索の上位表示させたいなら次の②キーワード選定術で説明している「3語キーワード」を使うと有効です。

④H1ソース入力

検索エンジンが認識し易い「H1タグ」は、③でも紹介した「タイトルタグ選定」と同じ意味です。記事を作成する場合に、タイトル部分にこのH1タグを使うするということです。

最近では、グーグル(google)が評価してる、ワードプレス(WordPress)を使う方も多いかと思いますが、その際にビジュアルで記事を作成する場合、作業ツールにある「段落」内にある「見出し1」を使用するとH1タグが設定されたことになります。

また、「テキスト」使用の場合は、以下のようなソース内容を入力することになります。

<a href=”サイトURL”>SEO対策のキーワード選定はツールとyahoo知恵袋で決めよう!</a>

⑤メタダグの重要性

最近では、GoogleやYahooの検索結果にこの「メタタグ」を入力する必要が無いと言われていますが、どのタイミングで、グーグル(Google)がアルゴリズムを変更するか、わかりませんので、このメタタグを100字程度で入れることをおすすめします。

また、当然ですが、ここまで話してきた「3語キーワード」全てを入れた文章にする事が重要です。

当然、ご存知の方もお多いと思いますが、この「メタタグ」部分は、ユーザーが検索した際、タイトルの下にでている文章がこの部分に当たります。

また、ワードプレスで設定する方は、「All in One SEO」というプラグインを使うと簡単に設定できます。

この「All in One SEO」は、メタタグ以外の「タイトル」「キーワード」「グーグルのアナリティス」なども設定ができます。

よって、ユーザーはタイトル以外にもこの部分を判断基準としているので、しっかり記載する必要があります。

Sponsored links

⑥内的SEO

この「内的SEO」とは、googleが評価する一つで、自サイトの滞在時間をいかに伸ばせるか、ということにつながる方法です。

googleは、ドメイン内をいかに長時間滞在していたか、を検証しています。

よって、当然、発信する記事の情報以外でもその情報に関連する内容の記事をサイト内にリンク(アンカーリンク)として、設置しておく方が、滞在時間も伸びるということです。

方法としては、文章内に関連記事として紹介するほか、別見出しで、以下のようなこ言葉を入れる方法が一般的です。

  • 関連情報はここから
  • この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

といったようなリンクを入れることで、ユーザーの抱える悩みや問題が解決でき、しかも関連した情報も入手できるといったメリットが発生します。

また、サイト管理者には、ユーザーの滞在時間が伸びことで、googleから高評価が得られ、ユーザーが検索したキーワードで、検索ランキングが上がるとこにつながります。

内的SEOとは?・・・自分のサイトやブログ内で上位表示させるために行う最適化の事を指します。・・・引用:ビジネス思考への転換

⑦外的SEO

外的SEOとは、自サイト内での対策と違い、他のサイトなどにお願いし「被リンク」といわれるリンクを他サイトに貼ってもらうことをいいます。

この「外的SEO」の考え方は、グーグル(google)が、「他のサイトが自サイトを紹介している」という行為が評価に値する、「いいサイトなんだ!」という判断をするからでした。

でも近年では、この「外的SEO」よりも「内的SEO」の評価がグーグルでは高く、効果が薄れてきたと考えているような記事もありますが、日本企業のビッグサイトからの「被リンク」であれば、まだまだ効果があるといえます。

ただし、注意が必要なことは、自動的にバックリンクを入れてくれる企業などに依頼して被リンクを入れる方法です。

この行為は、最近、ペンギンアップデートにより、スパム行為と判断されるリスクがありますので、被リンクを入れるには、やはり自然に入る被リンクをする必要があります。

被リンクとは?・・・あるウェブページが、別のページからリンクされること。バックリンク。[補説]サーチエンジンでは、検索結果を表示する順位を決める際に、評価の一つとして各ウェブページの被リンク数を用いている。・・・引用:コトバンク

⑧サイトマップの有無

サイト内にサイトマップを設定しておくことで、ユーザーにとって便利なツールだといえます。googleの上位表示判断のポイントは低いですが、ユーザー目線で考えると需要なマスト要件です。

Sponsored links

⑨ページ数の必要性

やはり1ページのみのサイトよりページ数の多いサイトの方が当然有利です。また、いろんなジャンル(カテゴリー)の記事が掲載されている方が、ユーザーにとっても嬉しいといえます。

書店などで販売されている女性雑誌「Sweet(スウィート)」「BAILA(バイラ)」「リンネル(Liniere)」。男性雑誌「smart(スマート)」「Mono Max(モノマックス)」といったような総合雑誌のようなものです。

悩みを解決したい、だけでなくいろんな情報がこのサイトには載っている、といったイメージを持ってもらう方が、サイトの滞在時間も長くなるので、googleの評価が上がるということになります。

そうなんです。googleは、滞在時間やスマホのスクロール回数も計測して、検索ランキングの判断基準としているのです。

⑩ページ内キーワード出現率

これは、記事内に、いかに狙った検索キーワードをバランスよく入れるか、というものです。

しかし、この狙っているキーワードのバランスを考えて、実際の記事書き作業では、難しいと思いますが、基本的な考えとして覚える程度で構わないと思います。

では、そのバランスとは、記事内で狙っている第1キーワードは6%位に抑える。また、第2キーワードに関しては3%位に抑える。というものです。

例えば「ダイエット 運動」という2語キーワードの場合、1語である「ダイエット」が6%。2語である「運動」は3%。ということになります。

このキーワードの出現率の判定は、以下ご紹介のフリーツール「キーワード出現頻度解析ツール」で検証できます。

キーワード出現率ツール:キーワード出現頻度解析ツール

⑪中古ドメインの重要性

最近では、中古ドメインを使うメリットは、少なくなったという方もいますが、中古ドメインの持っているポテンシャルによっては、まだまだ効果があるといえます。

また、有効被リンクの付いた中古ドメインは、中古ドメインを販売しているサイトで購入する事ができます。

価格は、被リンク数や使用年数などでピンキリですが、「.com」で1,000円位。「.jp」で3,000円位でも購入できますが、有効被リンクの質などを見極める必要があります。

中古ドメインは、使って見ないとわからない、というデメリットもありますので、使うのであれば注意が必要です。

Sponsored links

まとめ

ご紹介の「ホームページの集客情報を解析する11のウェブテクニックはコレ!」はいかがでしたか?

記事では、解析に必要な11の方法をご紹介していますが、これは、あくまでテクニックの部分で、これ以上に重要なのが、ユーザー目線の記事(コンテンツ)であるか、です。

この部分は、「コンテンツSEOの考え方」でも触れましたが、しっかりユーザーの気持ちになり、ユーザーの悩みや望む解決策はなんなのか、ご自身がそのユーザーになりきって考え、その感じた気持ちを記事にしていくことが重要といえます。

このように触れてきたコンテンツの質をあげ、ユーザーが検索を終了するしっかりコンテンツ作りにつとめましょう。


“登録者に"いわちゅう”の人生を一変させ最短で稼いだアフィリエイトの方法「AFFILIATE STRATEGY」を無料でプレゼントしています。

メールアドレス 必須
お名前 必須

LINE@でビジネス情報配信中!

これから副業・ビジネス情報等を提供して行きますので、「友だち追加」をお願いします。 「友だち追加」の方に「誰てもわかる簡単キーワード選びの方法」をプレゼントしています。 アプリがある方は、以下のQRコードより、アプリがない方は、以下の「友だち追加」ボタンをクリックしてください!

\ SNSでシェアしよう! /

いわちゅう.comの注目記事を受け取ろう

ホームページ解析のポイント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いわちゅう.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

いわちゅう

いわちゅう

メディアディレクター(LINE@スマホ集客コーチ・コンサルタント)/ライター/夢目標達成スペシャリスト/原田メソッド認定講師/車とバイク好きおやじ【資格他】BMC,Webコンサルティング、オウンドメディアコーチング、メディア構築、サイト解析、SEO、コンテンツSEO、コンテンツライティング、SNS集客などの実践経験を持つ。

この人が書いた記事  記事一覧

  • Googleに評価されるために必要なSEO対策と重要ポイントとは?

  • 【アフィリ初心者必見】各分野の専門家からこんなに安く学べるの!?

  • アフィリエイト初心者におすすめはコレ!シニアでも最速で結果の出るやり方

  • 副業のアフィリエイトで初心者シニアが稼ぐために必要な基本的やり方!

関連記事

  • アフィリエイト初心者のシニアがまず最初に取り組みべき具体的な始め方

  • SEO対策のキーワード選定はツールとyahoo知恵袋で決めよう!

  • アフィリエイト初心者のシニアが最短で結果を出すために必要なasp5選

  • アフィリエイト初心者のシニアなら絶対この本は読んておくべき5選

  • アフィリエイト初心者のシニアなら最初に取り組むべきおすすめジャンルとは?

  • アフィリエイト初心者シニアがわずか半年で月収50万円の報酬を稼いだ方法を公開!